締めようとするほどトップで脇が開く?【サイエンスフィット】

2016/05/12

締めようとするほどトップで脇が開く?【サイエンスフィット】

右脇を締めて上げようとすると、右肘を体に強く引きつけてしまい、このように腕がローリング(左手の甲が上を向きクラブが寝る)しがちになります。その状態からクラブが上がっていくと、トップでヘッドの重さを支えられなくなって、左手首が折れ、右脇が開きます。これが、右脇を締めれば締めるほど、トップで右脇が開くメカニズムなのです。

【関連キーワード】
サイエンスフィット  レッスン  シャフトクロス  修正法 

【関連リンク】
http://lesson.golfdigest.co.jp/lesson/sciencefit/default.aspx/

オススメ動画 Recommend
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス