2016年 AT&Tバイロン・ネルソン選手権 最終日 ハイライト

2016/05/23

2016年 AT&Tバイロン・ネルソン選手権 最終日 ハイライト

AT&Tバイロン・ネルソン選手権 最終日
初日を終えて首位TだったS.ガルシア
7番パー5の第3打
寄せてバーディ 15アンダーとします
単独首位で出たB.ケプカ 7番のアプローチ
残り212ydからピンそば3mにつけると
このホール バーディで16アンダーへ
9番のバーディパット
5.5mを決めて 17アンダーに伸ばします
14番でトラブルのガルシア
惜しくもチップインパーを逃し
結局ボギーで 14アンダーに後退
ケプカ 12番のパーパット
ここでは単独首位を守るも
14番15番と連続ボギー
チャンス到来のガルシア
16番パー5の第3打
ここからバーディを奪い
15アンダーに戻します
ケプカは16番パーで15アンダー
この時点で首位タイ
18番のガルシアは
優勝のかかったパットを わずかに外します
対するケプカのバーディパット
こちらも決められず 2人によるプレーオフへ
昨年1勝のケプカに対して
優勝から遠ざかっているガルシア
最後の優勝は2012年でした
プレーオフ1ホール目のケプカ
ティショットを何と池に入れてしまいます
最悪の展開で これが第4打
グリーンを捉えるも 距離は約5.5m
このパットも外して プレッシャーをかけられず
一方のガルシアは着実にパーセーブ
PGAツアー通算9勝目を飾りました
次はディーン&デルーカ招待です

【関連キーワード】
トーナメント・ニュース  pgaツアーハイライト 

【関連リンク】
ガルシアがプレーオフ制し4年ぶり9勝目 岩田寛24位

オススメ動画 Recommend
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス