2016年 フェデックス セントジュードクラシック 初日 ハイライト

2016/06/10

2016年 フェデックス セントジュードクラシック 初日 ハイライト

フェデックス セントジュードクラシック 初日
全米オープンの前哨戦で 前回覇者F.ゴメスは
16番の第3打をピタリと寄せてバーディ
イーブンパーの「70」で回りました
P.ミケルソン
5番 残り181ydの第2打
バーディを奪います
ミケルソンも初日「70」でした
グリーン外からのE.エルス
1番ではバンカーからチップイン
ここ14番では11.5mを決めてバーディ
エルスも「70」で回りました
R.ヘンリーは2オン可能な16番パー5で
200yd弱の第2打をピンそば2mにつけます
バーディを奪うなど 初日「68」
2014年優勝のB.クレイン 9番の第2打
残り147ydから
こちらも初日「68」でした
17番のS.ストリッカー
魅せます
今季出場9試合目で
「66」と好発進しました
H.イングリッシュ
2013年優勝者で 2週間前には2位
初日「69」をマークしました
同じく今大会優勝経験のあるD.ジョンソン
1イーグル7バーディを決めるも
出入りが激しく4アンダー「66」
H.ノルランデルは18番バーディを奪い
4アンダーに伸ばします
そして首位タイ発進したのがS.ステファニ
残り139yd ウェッジという選択が
吉と出ました
9番チップインイーグルで一気に3アンダーへ
13番では172ydの第2打を
ピンそばにピタリとつけバーディ
5アンダーで首位に並んでいます

【関連キーワード】
トーナメント・ニュース  pgaツアーハイライト 

【関連リンク】
ノ・スンヨルら3選手が首位 岩田寛は1アンダー26位

オススメ動画 Recommend
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス