2016年 ウィンダム選手権 初日 ハイライト

2016/08/19

2016年 ウィンダム選手権 初日 ハイライト

プレーオフ目前 レギュラーシーズン最終戦
ウィンダム選手権 初日です
まずはR.ムーア
先週 優勝した勢いに乗って
優勝経験のある今大会に乗り込みました
P.マルナチ 18番の第2打
D.ロス設計の難しいコースですが
マルナチにかかれば 問題ありませんでした
うまく段差を利用してピンそばへ
ここからバーディを奪い 4アンダーへ
今大会で2007年優勝のB.スネデカー
9番 残り146ydの第2打
3m弱につけるとーー
バーディパットを沈めて 3アンダーへ
スネデカーと同組で回ったのは
同じく元年間王者のB.ホーシェル
11番バーディでした
同組もう一人のB.ハースも
同じく元年間王者
ハース 12番の第1打
一度エッジに転がってからーー
グリーン上に戻って来ます
ピタリと寄せてーー
難なくバーディ 4アンダーへ
笑顔です
スネデカー 13番のバーディパット
沈めて 4アンダーへ
R.ストレブ 16番の第1打
16番でホールインワンを取れば
一生涯のバカンスが贈られます
これは惜しい
ホールインワン賞は逃したものの
直後の17番で ストレブが魅せます
残り146ydからーー
チップインイーグル!
いい形で初日を終えます
16番のスネデカー
この時点で5アンダー
ピンの真下につけてバーディ
一時は6アンダーとするなど 好発進しました
初日 首位に立ったのは2人
R.カブレラベローとK.ナが
7アンダー「63」で 首位タイ発進です

【関連キーワード】
トーナメント・ニュース  pgaツアーハイライト 

【関連リンク】
松山英樹8位発進 シード危機の岩田寛は出遅れ

オススメ動画 Recommend
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス