2018年 WGCメキシコ選手権 初日 ハイライト

2018/03/02

2018年 WGCメキシコ選手権 初日 ハイライト

WGCメキシコ選手権がチャプルテペクGCで開幕
昨年トップ3入りしたJ.ラームは
11番バーディで1アンダーへ
T.フィナウ 6番パー5の第3打
ピンまで残り100yd
戻して チップインイーグル!
フィナウが一気に3アンダーに伸ばします
今大会は 昨年に続きーー
好プレーが期待できそう
D.ジョンソン 17番の第1打
バックスピンをかけて戻します
ホールインワンは逃すもバーディで1アンダー
K.アフィバーンラト
上位発進して 今週注目の選手の1人です
先日ジェネシスオープン優勝のB.ワトソンにも
同じく注目です
3番のS.ガルシア
バーディパット 距離は5m弱
4アンダーに伸ばします
10番のJ.スピース
残り95ydのアプローチ
ピンそばへつけてーー
難なくバーディ イーブンパーに戻します
イギリス出身の若手 C.ペイズリー
14番のバーディパット
ラインを読み切りました
この時点で単独首位へ
6アンダーと好発進
Sh.シャルマ 1番の第2打
チップインイーグルを奪って 一気に5アンダーへ
上位につけて 残りの3日間が楽しみです
スピース 最終18番のバーディトライ
1アンダーで初日を終えました
スピースと同組で回ったR.ファウラー
同じくバーディフィニッシュしました
単独首位に立ったのは L.ウーストハイゼン
15番パー5の第2打
残り230ydからーー
寄せてイーグルを奪うなど 7アンダーを記録
単独首位発進です

【関連キーワード】
トーナメント・ニュース  pgaツアーハイライト 

【関連リンク】
ウーストハイゼンが首位 日本勢3人は苦戦

オススメ動画 Recommend
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス