2018年 WGCメキシコ選手権 最終日 ハイライト

2018/03/05

2018年 WGCメキシコ選手権 最終日 ハイライト

WGCメキシコ選手権 最終日です
4年半ぶりの優勝を狙うP.ミケルソンは好調
R.カブレラベローは
1番パー4でチップインイーグル!
首位タイに浮上
優勝争いは混戦となりました
J.トーマスは12番バーディ
14アンダーに伸ばします
続いて B.ワトソン
15番パー5 ピンまで217yd
寄せてイーグル 10アンダーへ
後半へ折り返したミケルソンは10番
109ydのアプローチ
ピンそばにつけてバーディ 15アンダーへ
首位を追うS.ガルシアは15番
バーディで13アンダーへ
17番パー3で1打落としたトーマスは最終18番
残り119ydから 起死回生のチップイン!
ボギーの直後ーー
イーグルを奪って 16アンダーで首位に浮上
優勝のチャンスを逃したくないミケルソンは
プレッシャーを ものともしません
16番バーディを奪い 16アンダーへ
24歳のトーマスと
47歳のベテラン ミケルソンが並びます
対照的な2人がプレーオフを戦います
1ホール目の17番
ピンはグリーン奥 湖側です
ミケルソンはピンの右5m弱につけて
バーディチャンス
トーマスの1打目はグリーンをオーバー
そして 2打目も微妙な距離を残します
ミケルソンが惜しくもバーディを逃した後
トーマスはパーを拾えません
WGCメキシコ選手権はプレーオフの末
ミケルソンが優勝
自身4年半ぶりの優勝を挙げました
次はバルスパー選手権を お楽しみに

【関連キーワード】
トーナメント・ニュース  pgaツアーハイライト 

【関連リンク】
47歳ミケルソンが5年ぶり優勝 トーマスをプレーオフで破る

オススメ動画 Recommend
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス