2018年 ウェルズファーゴ選手権 初日 ハイライト

2018/05/04

2018年 ウェルズファーゴ選手権 初日 ハイライト

ウェルズファーゴ選手権 初日
今大会2勝のR.マキロイ
2010年と15年の勝者の初日は「68」でした
K.スタンリーの16番
ここから難ホールが続きますが
バーディを奪い 3アンダーへ
T.ウッズは 2012年以来の出場
アイアンは好調で13ホールでパーオン
7番では寄せて バーディを奪取
イーブンパーに戻し 続く8番
8mのバーディパット
決めて1アンダー
大観衆を沸かせます
地元シャーロット在住のJ.ワグナー
2番のバーディトライ
4アンダーに伸ばし 初日は「67」でした
G.オギルビーの10番3打目
難コースに強い元メジャー勝者は
うまく寄せて 4アンダーへ
オギルビーは約10年前の絶頂期
グリーン周りは敵なし
11番ではその片鱗を見せバーディ
5アンダーで一時首位へ
K.ミッチェルも一時首位へ
18番で落としましたが
「67」の4アンダーグループです
4アンダーのスタンリーの9番2打目
見事なショットから首位に並びます
ウッズの17番
難しいパー3のパーパット
6mを鮮やかに沈めます
ウッズは初日「71」でした

【関連キーワード】
トーナメント・ニュース  pgaツアーハイライト 

【関連リンク】
ウッズ34位 松山英樹は135位と出遅れ

オススメ動画 Recommend
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス