GDOTV Vol.22 総集編

2012/03/20

GDOTV Vol.22 総集編

突然ですが。皆様にご報告があります。実は、 GDOTV は今回で最終回となります。
GDOTV最終回。ということで、1年にわたって放送した中から、よりすぐりの名珍場面をプレイバック。ゴル記者が行くゴルフの真相では、ゴル記者切り込み隊長こと、プロゴルファー石井忍と、代打の切り札こと中井学がゴルフの真相を探るべく潜入取材。ゴルフの見たい知りたいを徹底調査。更に、イケメンツアープロコーチ植村啓太が教えるのは、前代未聞、モテレッスンと、奇想天外、ご自宅レッスン。GDOTV最終回スペシャル。今までの名珍場面、全部見せますスペシャル。
GDOTVをご覧のみなさま、こんにちは。プロゴルファーの石井忍です。現在地、ツアープロコーチとしても大活躍する、ゴル記者切り込み隊長プロゴルファー石井忍の初潜入にはミスノの養老工場こと、ミズノテクニクスでした。ここは、クラフトマンシップの部門です。ミズノテクニクスの能勢さんが見せてくれたのは、養老 JAPAN ことミズノのクラフトマン達が削りあげる、熟練の技。そして、その奥にあったのは、関係者以外絶対立ち入り禁止のマル秘エリア。ちょっとこれは、見なかったことにしてくれません?えー。なんかちょっと、だめらしいんで。タイムタイムタイム。ちょっとだけ。ちょっとだけ。ちょっとだけですよ?すすごいです。こんなんになちゃって。これはですね、いわゆるげんこつロボットです。はい。すっげ。仕上げの研磨作業を行っていたのは、意外にも、職人ではなくロボット。人間の手でしかできないと言われていた、複雑な仕上げ研磨の動きを特注アームが完全に再現。構想から5年の歳月を経て完成した、日本に1台しかない超高性能ロボットなんです。これすごいですよ。本当に見せてあげたい。
それではあの、案内してくれる担当の方がいらっしゃるということなので、中に入ってみたいと思います。潜入した、本間ゴルフの酒田工場。こちらでも石井記者、立ち入り禁止ゾーンへの潜入取材に成功しました。立ち入り禁止っ手書いてありますけど。大丈夫です。潜入したのは、企業秘密の宝庫。関係者でも立ち入り制限がかけられている、クラブ開発施設。そこで見たのは、職人の手作業とハイテク技術の融合。最先端のクラブ映像技術。これ、アイアンももう、手作り。すげー、本当だ。すごいわこれはすごい。工場長の諏訪さんが見せてくれたのは、アイアンヘッドの原型となるマスターモデルを削りあげる作業。しかし、ここであるハプニングが。すぐ固まる。ちょっと半田ごてかしてみてください。もうこれはこうやって、溶けるんです。わあ、なんだこれ、もったいない。すごい。だめじゃないですかこれ。大丈夫です。ですから、プロが、こういうとこ出っ張っているから気に入らない。じゃあ、こっこ落としますと。ここもっとえぐって欲しいと言った場合は、こうやって溶かしてやる。ほんとだ、大丈夫ですか、ぶっ壊しちゃって。大丈夫、大丈夫。これは、彼の手にかかればすぐ出来上がりますから。今ので発売遅れるなんてことはないですよね。大丈夫です。なら、いいですけど。壊しては作り直す根気のいる作業。しかし、いきなりの工場長の行動には驚きました。
よりディープで、マニアックなゴルフ情報を探るべく潜入したのは、富士桜カントリー倶楽部。男子ツアー、フジサンケイクラシックが開催される中、密着取材をさせて頂いたのはグリーンキーパーの三浦さん。見せていただいたのは、コースをメンテナンスするマシーンの数々。乗ってみていいですか?おー、こりゃあいいや。ぷっぷーっつって。こちらはセミラフを刈る機械です。ファーストカットっていうやつですね。ここで、いきなり皆さんに問題です。このセミラフを刈る機械、おいくらだと思いますか?これいくらくらいしますかね、600万くらいするんじゃないですかね。うっそ、たっけー。高いね600万。中古でもそれするんですか?中古なると半値くらいになると思うけど。買うつもりですか?かっこいいなーって思って。あ、すげー、ほんとすげー。もう、こんなです。もう、ハサミです。切れ味の鋭いハサミみたいな感じですね。本戦前の一番忙しい時期に、無理なお願いの数々本当にご協力ありがとうございました。
こんにちは、植村啓太です。今回は、モテ度の高い、かっこいいフィニッシュを取り方を教えしたいと思います。ゴル記者のコーナーと共に始まったのが、ツアープロコーチ植村啓太による、モテレッスンのコーナー。プロとか、どういうフィニッシュを取るかと言うと、パーンとフィニッシュしたあと、この後の仕草です。スっとクラブを落とす。これかっこいいですよね。かっこいい仕草を身につけて、モテゴルファーになろうをテーマにお送りしたゴルフレッスン。実はこのコーナー、撮影前に決めているのは、テーマと大まかな流れだけ。内容はほぼ、出演者のアドリブなんです。それでは、モテレッスン第二弾、モテさり気な気遣いで魅了せよより、その名演技を公開しちゃいます。ゴルフあるあるその1。過剰にアドバイスをする人。アドバイスをしたりその時に、過剰に色々なことを言い過ぎてしまう方が多いと思います。これ、一番良くないです。誰しも、気になる女性とラウンドするとかっこつけたくなるもの。少しのアドバイスのつもりが、トップでアドバイス、ダウンスイングでアドバイスとどんどんエスカレート。こうなってしまうと、楽しくラウンドしたい彼女の気分をぶち壊し。レッスンの押しつけは、嫌われる原因ですよ。わかんない。続いて、ゴルフあるあるその2。一人で盛り上がる人。このカードの中での時間、かなり重要ですここでのコミュニケーション、会話が楽しければ1日のゴルフが楽しくなります。なのでここでのモテ気遣いをご紹介していきましょう。次のショットへと向かうカートでの移動ここで最も気をつけなければいけないのがさりげない会話。かー、もう今さ、そこで、セカンドショット打つとき、もう、山本リキンダしちゃって。出ました山本リキンダ。もう、ダフったらバンカーいっちゃって、もういやーんバンカーなんつって。さらには、定番、いやーんバンカー。なんだよもう、大変だよな本当に。ほらほら彼女の顔がどんどん曇ってきましたよ。さっきのさ、スライスライン俺もスライス美穂って思ったんだけどさ、よかったよ、ほんとすごかったよ、だって、1パットで決めたもんね。本当にびっくりしちゃった。パットサイゼリアなんていちゃって。ははは。 いかがでしたか?出演者2人による、絶妙なアドリブ合戦。以上、劇団植村による子芝居集でした。
GDOTVをご覧の皆様、こんにちは、中井学です。そしてもう一人のゴル記者、代打の切り札ことツアープロコーチの中井学が徹底調査したのは、ゴルフにまつわる噂や疑問。ブリヂストンスポーツの協力を得て行なったボールとクラブの大実験。ボールについた細かな傷は飛びにどのような影響を及ぼすのか、試打ロボットでテストしてみました。ちょっとなにか、若干距離も出てないように感じるんですが。はい。じゃあ、データを。はい、早速。打ち比べてみると、なんと15ヤードもその飛距離差が出る結果に。いや、何気にあのくらいの傷だったら使っています。続けて。考え直さなきゃいけないですねこれは。非常に興味深い実験結果になっているんですが。すいません、ここでですね、私このようなスーパーボール。なぜか、ゴル記者中井、実験の時には必ず自らネタを仕込んでくるんです。この日持参したのは前日、100円均一で購入したというスーパーボール。果たして、どんな飛びを見せるのか。試打マシーンで、打ってみました。ははは。打ち出された直後にスーパーボールは急激に失速。全然飛びませんでした。スーパースローで見てみると、インパクトの瞬間ヘッドの勢いに負けて、完全に潰れているのがわかります。薄々は気づいてはいましたが、結果は、ドライバーでスーパーボールを打っても全然飛ばないでした。いやー、柱でかいですね。練習場の疑問を解き明かすべく潜入した、東京調布スポーツパークでもボールを追跡しやすいようにと、ゴル記者中井は、ピンクボールを持参。1球だけ特別に打たせてもらう許可をもらい、そのボールの行方を追いました。そろそろピンクボールが来るはずなんですけど、まだかな。おかしいな。もう行くはずですよ。あっきました来ましたピンクボール。おー。転がって行ってます。なんじゃこりゃ、すごいな。じゃあ、急いでいきましょう。大丈夫ですか。こうみえて、高所恐怖症です。まじですか。いそいでいそいで。そうですね。行きましょう行きましょう。ゴル記者中井の、飽くなきゴルフ探求心。実験にご協力いただいた皆様、どうもありがとうございました。
様々なプロゴルファーの素顔を覗けたのが、このGDOTV。ゴル記者石井が潜入したのは、男子ツアーダイヤモンドカップゴルフの公式練習日。こんにちはー。すしさんが、いま、多分、なんか。あー、ほら、やってくれました。ありがとうございます。ウェッジの取材みたいですね。塚田プロが、ピンのウェッジについて、レクチャーしてますね。ははは。すいません。トーナメント中継ではなかなか見られないプロたちのリラックスした表情。取材を受けていたのは、スペシャルマッチにも出演して頂いた、薗田俊輔ぷろ。ここであった、あの、関東アマで見事優勝したコースなんで、ここをきっかけに、またバンバンと行って欲しいよね。行きたいですね。バンバンとね。絡みづらい。怖そうな選手がいたら帰ります。選手しか入ることのできないコンディショニング施設にも、ゴル記者石井、アポなしで潜入。べさん、ナイスでした。ありがとうございます。マッサージを受けていたのは、昨年の賞金王、べ・サンムン選手。とても気持ち良さそうです。
更に、ツアー帯同クラフトマンの取材をすべく潜入した、テーラーメイドのツアーバンでは、こんな場面に遭遇。あー、こんにちは。お世話になります。現れたのは富山雅哉選手。ちょっと今のドライバーのフィーリングと比べたら、タイミングが合いづらいんで。それをそろえたい?トミ、何時から?12時くらいですね。そこに 間に合わせる。12時スタート!あと25分で、打てるように。できますか?大丈夫です。プロのあらゆる要望に応えるのがツアー帯同クラフトマン。シャフトの差し替えも、ものの20分で完了です。 D3弱。ちょうど。OKです、もうそれくらいで。おー、いいよ。すぐ、自分の注文で動いてくれるんで、もう、すごい助かってます。
更に向かった練習場では、石井記者がコーチを務めていた、久保谷健一選手を取材。ホンキモードの練習を大公開。俺がちょっとこうやって見てて注目したのは切り返しのタイミング。早く、大きくじゃないんだけど、しっかり下からクルッて回してやる。やっぱりいい時っていうのは、下がスムーズに動いてくんの。俺はその方がやりたいんだけど、やればやるほど、こうやって。動きすぎちゃうんだ。この数試合後、9年ぶりの優勝を見事果たすことになる、久保谷選手。うーん、そうですね、やっぱり乗せて、最後は初日の朝のティーグランドに行くときバッて。そのもう出ちゃったと何もできないんで。そこまで、しっかりこう気分良く、なおかつ、で実際結果もよくいってくれれば一番いい。最後に見られたのは、ツアープロコーチ石井忍の素顔。
これにてひとまず GDOTV は終了します。ご出演いただきましたプロの方々、取材の協力をしていただきました方々。そしてこれまで GDO TV を視聴していただきました皆様。本当に本当にありがとうございました。Enjoy your golf!以上ズッピーこと、図師英嗣でした。

【関連キーワード】
gdotv  バラエティ 

オススメ動画 Recommend
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス