左サイドの壁をつくる腰の使い方【サイエンスフィット】

2015/09/02

左サイドの壁をつくる腰の使い方【サイエンスフィット】

テークバックでは右腰を高く、ダウンスイングでは左腰を高く。回すのではなく、こんな直線的なイメージにしてみてください。そうすると、フォローでは股関節に乗りながら、左サイドがこれ以上動かないようにロックされるので、いわゆる左サイドの壁ができるのです。

【関連キーワード】
サイエンスフィット  ダフリ  レッスン  ダウンスイング  スイング 

【関連リンク】
サイエンスフィット レッスン

オススメ動画 Recommend
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス