スイングトップを改善して方向性をアップ ~第8回~【今さら聞けないスイングの基礎】

2016/06/24

スイングトップを改善して方向性をアップ ~第8回~【今さら聞けないスイングの基礎】

今回はスイングトップにおける肩の回転角度と両肘の間隔についてのお話です。結論から言うと、スイングトップでの肩の回転角度は、スイング軌道(クラブヘッドの軌道)に深く関わってきます。真っ直ぐ飛ばすためにはストレート軌道(スイング軌道がターゲットラインに沿う形)にすべきですが、トップでの肩の回転角度が浅かったり深かったりすると、ストレート軌道をキープするのが難しくなります。
また、インパクトでフェースが開いたり閉じたりせず、真っ直ぐスクエアに当てることも必要です。両肘の間隔は、インパクトでのフェースの向きに深く関わってきます。トップでの肩の回転角度と両肘の間隔を正しい状態にできれば、真っ直ぐ飛ばすための準備は万端ですよ。

【関連キーワード】
岩垣貴栄  レッスン  スイング  ゴルフ 

【関連リンク】
テークバックでは背骨の軸と右脚の“第2の軸”を意識しよう ~第8回~

オススメ動画 Recommend
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス