勝手に球がつかまる腕の使い方【サイエンスフィット】

2017/06/08

勝手に球がつかまる腕の使い方【サイエンスフィット】

プロの左手はインパクトの瞬間からフォローにかけて、甲側ではなく、むしろ手のひら側に折れているものです。そして右手は、手のひら側に折れた左手に従って、甲側に折れ、右手のひらが地面を向くように、インパクトを迎えます。つまり、インパクトで意識的に手首を返すような動きは不要ということなのです。

【関連キーワード】
サイエンスフィット  レッスン  スライス  プッシュアウト  腕の使い方 

【関連リンク】
サイエンスフィットレッスン

オススメ動画 Recommend
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス