植村啓太のフィーリングゴルフ Lesson.18 深いラフからのアプローチ

2014/08/04

植村啓太のフィーリングゴルフ Lesson.18 深いラフからのアプローチ

プロや上級者はバンカーから打つよりもラフの方が難しいと言います。その理由は、ラフはボールとフェースの間に必ず芝が挟まるからです。しかもその抵抗の強さを予測しにくいので、距離感が合わせづらくなります。この状況でボールにきっちり当てようとするとミスになる。ラフからはある程度のアバウトな打ち方が必要になります。 撮影協力:サウジャナ ゴルフ&カントリークラブ(マレーシア)

【関連キーワード】
アプローチ  植村啓太  レッスン  フィーリングゴルフ 

【関連リンク】
植村啓太のフィーリングゴルフ

オススメ動画 Recommend
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス