植村啓太のフィーリングゴルフ Lesson.22 パットで“良い転がり”を生むためには?

2014/09/01

植村啓太のフィーリングゴルフ Lesson.22 パットで“良い転がり”を生むためには?

良い転がりのボールを打つと距離感が合いやすく、最後のひと転がりで入ったり、芝目やラインに影響されにくいというメリットがあります。方法は単純にパターのヘッドの芯でボールの芯を打つだけ。ただ、これができていない人が意外と多いのです。原因のひとつは基本編でやったアドレス(セットアップ)が間違っていることと、もうひとつストロークのイメージが間違っていることが考えられます。

【関連キーワード】
植村啓太  レッスン  フィーリングゴルフ  パッティング 

【関連リンク】
植村啓太のフィーリングゴルフ

オススメ動画 Recommend
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス