アドレスで球筋をコントロール【サイエンスフィット】

2016/01/21

アドレスで球筋をコントロール【サイエンスフィット】

左腕とシャフトに角度の付いた大文字の「Y」字アドレスにすることで、ウィークグリップになり、フェースも開きやすくなります。フェードを打ちたい方や引っかけたくない方は大文字のYで構えるとよいでしょう。逆にドローを打ちたい方やスライスをなおしたい方は小文字の「y」で構えることで、グリップに対してフェースがやや閉じたシャットフェースとなり、インパクトのフェースの開きが改善されます。

【関連キーワード】
飛距離  初級者  サイエンスフィット  コントロール  中級者  レッスン  打ち方  フェード  アドレス  ドロー  ドライバー 

【関連リンク】
サイエンスフィット レッスン

オススメ動画 Recommend
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス