飛距離アップ&コントロールショットはアドレスで作る ~第5回~【今さら聞けないスイングの基礎】

2016/06/06

飛距離アップ&コントロールショットはアドレスで作る ~第5回~【今さら聞けないスイングの基礎】

左右にOBのない広々としたホールで、できるだけ飛距離を稼ぎたい時はどうしますか?あるいは、アイアンのコントロールショットで飛距離を制限したい時はどうしますか?アマチュアにありがちなのは、振り幅を大きくしたり小さくしたり、インパクトを強めたり弱めたりと、小手先ばかりで飛距離をコントロールしてしまうことです。
しかし、飛ばそうとしてドライバーを目一杯振り回せば、バランスを崩してしまいがちですし、コントロールショットでインパクトを弱めようとすれば、スイングが緩んでミスを招きやすくなります。
極力、振り幅の調整や小手先の力加減を排除して、いかなるショットにおいても同じようなリズムで、同じような力加減で、同じようにしっかりと振ることが、ショットの再現性を高める最重要ポイントとなります。従って、あらかじめアドレスで飛距離を調整することが、飛距離をコントロールする極意なのです。

【関連キーワード】
飛距離  岩垣貴栄  構え方  レッスン  アドレス  スイング  ゴルフ 

【関連リンク】
小手先による力の加減はミスの元!アドレスで飛距離をつくるには

オススメ動画 Recommend
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス