アプローチのミスをなくす腕の使い方【サイエンスフィット】

2017/12/21

アプローチのミスをなくす腕の使い方【サイエンスフィット】

短いアプローチはドライバーやアイアンショットと違って、インパクトを小手先で調整しづらくなります。クラブが短くなるほど、小手先で調整する時間が少なくなり、スイングの本質的な問題が現れやすいものなのです。しかし逆に、アプローチでしっかりと左腕の回旋を元に戻すことができれば、ドライバーをはじめ、あらゆるショットのイメージが激変します。

【関連キーワード】
サイエンスフィット  アプローチ  レッスン 

【関連リンク】
サイエンスフィットレッスン

オススメ動画 Recommend
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス