万年スライスを脱出するには左手首の角度がカギ【サイエンスフィット】

2019/06/20

万年スライスを脱出するには左手首の角度がカギ【サイエンスフィット】

バックスイングからトップにかけて左手首が甲側に折れてしまうと、フェースが開きます。そこで、インパクトに向かって、フェースを無理矢理返そうとするのですが、大きく開いてしまっているために、うまくスクエアに戻せません。ボールを右方向に行かせないためには、クラブを外から下ろすアウトサイド・アタックにならざるをえないのです。

【関連キーワード】
サイエンスフィット  スライス  レッスン 

【関連リンク】
【記事を読む】万年スライサーは左手首の使い方が真逆かも!?(前編)

オススメ動画 Recommend
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス